コーディング代行業者に頼んでデータ容量を少なくしてもらうことも可能

ホームページ制作にはコーディングという作業が発生します。一般的にはデザインデータを元にブラウザで見られる状態にするのが主な作業となります。
そのときに使うのがHTMLとCSSなのですが、初心者コーダーの人はあまりデータ容量を考えないで作っていることがあります。

ホームページを見るという行為には通信が発生します。
そうなりますとレスポンスをよくするためには通信量を減らすというのがひとつのポイントとなってくるのです。
もちろんサーバーのスペックをあげたり、サーバー側の設定を変更したりということも大切ですが、HTMLとCSSなどの容量も大切な要素になってくるのです。

たとえばpaddingなどをpadding-top、padding-leftなどと書いてませんでしょうか?これらはショートハンドといって短く書くことが可能です。
そういった部分をすべて直すだけでそれなりにデータ容量を減らすことができます。

こういったことにまで気が回るように作れないのであれば素直にコーディング代行業者に依頼した方がデータ容量が少なく良いものを作ってくれるかもしれません。
もしも、本当に自分にはそういった技術がないと考えているのであればプロのコーディング代行業者に頼むのは良い方法だと思います。